top of page

食べ物の好き嫌いをなくすコツは離乳期に!

更新日:3月28日

こんにちは!

mom's管理栄養士の星野です。


好き嫌い、出てきてますか?

赤ちゃんは、気分で食べたり食べないことがあります。

色が嫌!と思っていることもあります。

はじめての味に、お口からべ〜っとでてくることも。


そのたびにママ・パパは悲しい気持ちになりますが

あまり気にしすぎないのが大切です。


そして何より好き嫌いをひきずらないためには、

おとなが「この食材はきらいかな←」と決めつけないこと。


今日食べなくても、日を変えたら食べた、

ということは、よくあること!

だから心配しすぎないであげてくださいね。


もうひとつ大切なことはお子様に

「たくさんの経験をさせること」です。


たくさんの素材

たくさんの調理方法

たくさんの食感


離乳食を食べるだけで

たくさんの経験がかないます。


mom'sの離乳食には、さまざまな食材をつかっています。

トマト、なす、ピーマンやパプリカ、チンゲン菜、ねぎ、にら..

ちょっとクセがあるかな?という食材でも

赤ちゃんがおいしく食べられるよう、

素材ごとに食べやすくなる工夫をしているので安心です。


その全ては

たくさんの経験をつみかさねて、

食べることが好きにな子なってくれますように

という想いから。


mom'sスタッフ一同いつもそんな気持ちで

お子様のためのごはんをおつくりしています。

閲覧数:25回0件のコメント

Comentarios


bottom of page